Vervento京都F.C./サッカーを楽しみ、サッカーを学ぶがテーマの京都府で活動するジュニアユース(中学生)年代のサッカークラブ。サッカースクールも運営!!

活動ブログ お問い合わせ サイトマップ
ホーム スクール クラブ概要 スタッフ紹介 試合情報 会員専用ページ
             
  • 会員ログイン
  • お問い合わせ
  • スポーツアカデミー京都 スマイルキッズキャラバン
  • ヴェルヴェント公式ブログ
  • 無料体験サッカースクール

クラブ概要

サッカークラブ概要

Vervento is in the details.
〜Verventoは細部に宿る〜

2013年度、私たちは京都の2大タイトルであるクラブユース選手権、高円宮杯をともに制し、
京都2冠を勝ち取りました。
それらを成し遂げた子どもたちのほとんどが、
2011年、クラブが産声を上げたと同時に私たちの理念に共感し、
覚悟を持ってVerventoの門を叩いた1期生です。

彼らが元々優勝するに値する才能あふれた子どもたちかと言われると、決してそうではありません。
彼らがVerventoで過ごした3年間の前半部分は悔しさとの戦いでした。
多くのミス、失点、そして敗戦の悔しさを大きなエネルギーに変え、彼らは必死に努力し続けました。
彼らは3年間、心の炎を燃やし続け、
私たちスタッフは、その炎が絶えぬよう見守り続け、
彼らが成長し続けられるベースを作りました。

そして彼らが3年間でうまくなり、強くなり、結果を出す。
それを実現したVerventoでの3年間は、未来に生きる彼らにとって大きな財産です。

その財産とは、細かいことへのこだわりの連続です。
育成とは、完成型をイメージしながら、細部を積み上げていく作業ですが、
このノウハウについては、どこにも負けない自信があります。

Verventoを選んでくれた子どもたちの3年間を、
より輝かしいものにするために。

私たちスタッフは全力でサポートします。

チームの由来

Vervento京都F.C.ロゴ Vervento(読み:ヴェルヴェント)
私たちのチームスタイル反映するチームカラーの「Verde(ポルトガル語で「緑」)」と、鋭さ、素早さ、流動性、そして颯爽としたイメージのある「vento(ポルトガル語で「風」)」を掛け合わせた造語です。サッカー選手として、そして人間として、私たちが目指す育成の方向性がこの名前に込められています。

Enjoy.(楽しむ)

なぜサッカーをするのか?
それは、サッカーが楽しいからです。
少年サッカーで知ったサッカーの楽しさをさらに追求すること、
それがVervento京都F.C.の掲げる「個の育成」の秘密です。
丸いボールをストレスなく、自由自在に扱える楽しみ。
そのテクニックを駆使して、相手の逆を取る楽しみ。
自分で判断して成功する楽しみ。
これらの楽しみを知るために身につけるべきことは、クラブのエンブレムに込められています。
その「リズム・テクニック・インテリジェンス」を身につけるために、
Verventoはどこにも負けないこだわりとノウハウを持っています。
たとえ違うユニフォームを着ていても、プレーを見ればVervento京都F.C.の選手とわかる。
そんな圧倒的な「個」を育成し、次のステージへと送り出します。

Educate.(教育する)

Vervento京都F.C.では、サッカーを通じた人間教育にもこだわります。
教育とは本来、詰め込むのではなく引き出すこと。
そして、彼らの心の炎を絶やさないこと。
この2つを教育方針として、以下のことを習得させます。
挨拶や振る舞い、マナー。
他者との関わりと感謝の気持ち。
物事を論理的に考え、論理的に話すことのできる技術。
そして、夢や目標に向かって努力し、自分を磨き続ける強い気持ち。
これらを習得させるために、私たちは粘り強く彼らと向き合います。
各中学校に訪問し、中学校の先生とも連携して指導にあたります。
勉強については、各学期の成績表をチェックし、日々の勉強をするよう常に指導していきます。
そのように成長した子どもたちは、将来のピッチや社会で活躍することでしょう。

その他の特色

試合数の確保/バスでの送迎

サッカー選手にとって、白熱したゲームをより多く行える環境で活動することが最も重要です。

中学生年代において、年間を通じて一番大きな大会となる「京都高円宮杯U-15サッカーリーグ」には2チーム参加し、1チームのみでは出場機会に恵まれない選手も2チーム参加にすることでより多くの選手が公式戦の緊張感を経験し、大きな成長のきっかけとなります。また、練習試合についても試合数を確保するために2会場に分けて行うなどの工夫をしています。

また、遠方へ試合に行く際はマイクロバスをはじめクラブが送迎を行います。保護者の皆様にクラブから遠方への送迎をお願いすることはありません。また、2013年12月よりクラブ専用マイクロバスを導入し、保護者の方へのさらなる負担軽減につとめて参ります。

成長への様々なきっかけ作り

Verventoでは、子供たちの成長を促すための取り組みとして、他にはない新しいことにも挑戦しています。

昨年度は日本代表の長友佑都選手をはじめ、多くのプロ選手を育てられた明治大学体育会サッカー部監督の神川明彦氏をお招きして講演会を実施し、実際に子どもたちの試合も観ていただきアドバイスいただくなど、子どもたちにとって大きな財産となりました。

また、2013年4月には海外遠征(希望者のみの参加)を実施しました。関西のクラブにおいてはおそらく初となるスペイン・バルセロナへの遠征は、子どもたちにとって目の前の世界を大きく広げ、かけがえのない大きな経験となりました。このように、私たちは様々なことに挑戦し続け、子どもたちの成長を多角的にサポートします。

 

学業との両立/中学校との連携

中学生の本分は学業であることはもちろん、サッカー選手としてもサッカー以外の時間をしっかりと過ごすことが成長につながります。そのために日々の勉強に対する心構えや成績のチェック、さらにはクラブのスタッフが各中学校を訪問し、直接コミュニケーションを図ることで、中学校での生活態度も把握しながら、グランド・家庭・学校どこにおいても心身ともに充実した生活を送れるようサポートしていきます。

 

進路について

Verventoの選手を次のステージに送り出すために、私たちは進路についても積極的に取り組んでいます。

Jクラブや高校サッカー部との連携はもちろん、所属選手の中学校とも連携を取り合い、選手ひとりひとりに応じたアドバイスをしていきます。また、進路を選ぶ上で最も重要な要素となる学校の成績については、毎回成績をチェックし、指導していきます。

 

Vervento京都F.C. 活動概要

1.チーム登録
日本サッカー協会及び日本クラブユース連盟に登録・加盟しています。
2.入会対象
・サッカー好きで、サッカーが誰よりもうまくなりたい中学生
・ Vervento京都F.C.でのみ活動し、選手登録できること
・ 選手・保護者共にクラブの理念や活動に賛同・理解できること
3.活動日・場所・時間
活動日  通常練習…水・木・金曜日
試合など…土・日曜日
選抜選手…水曜日(※)
※ 当クラブではジュニアユース(主に中学1・2年生)の選抜選手とスクール生(小学生)を対象に「エキスパートトレーニング」を開催しております。
練習時間・・・18:00〜20:00
練習場所・・・伏見桃山城運動公園多目的グラウンド
中学校の休暇期間については、予定を変更します。
また、休暇期間に遠征・合宿が入ります。

Copyright ©Vervento Kyoto FOOTBALL CLUB.inc All Rights Reserved.